【その4】壁からの雨漏りが気になる方必見!雨漏りの原因や修理方法を紹介!

雨漏りでお悩みの方はいませんか?
「雨漏りの原因を知りたい」
「壁から雨漏りしてる気がする」
このようにお思いの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、壁からの雨漏りの原因や修理方法についてご紹介します。

壁からの雨漏りの原因とは

劣化

外壁は雨風によって劣化します。 劣化によって防水性能の低下やひび割れなどが起き、それが雨漏りの原因になることがあります。

クラック

クラックとはひび割れのことです。
クラックにもヘアークラックや乾燥クラック、構造クラック、縁切りクラックなどの種類があり、それぞれ原因も異なります。

自然災害

近年、大型の台風や地震がよく起こりますよね。 そのような自然災害によって外壁から雨漏りする可能性があります。

施工不良

建物を建設する際に施工不良があった場合、窓枠や換気口などから雨漏りしやすいです。

シーリングのひび割れ

外壁にサイディングを使用している場合、隙間を埋めるためにシーリングという素材を使います。
これは劣化するとひび割れを起こし、雨漏りの原因になります。

応急処置について

ブルーシート

雨漏りしている箇所を見つけるのは困難です。
そのため、自分で直そうと思ってもなかなか難しいでしょう。
しかし、ブルーシートで壁一面を覆うことで雨漏りを一時的に防げます。
ただ、これはあくまで応急処置なので早めに業者に修理を依頼しましょう。

テープ

雨漏りを起こしている場所を発見した場合、防水テープを貼ると雨漏りを防げます。
防水テープを貼る際に雨などで壁が濡れていると、すぐに剥がれてしまうので注意しましょう。 また、こちらもあくまで応急処置の方法なので早めに業者に依頼して雨漏りを直してもらいましょう。

対策

シーリング工事

シーリングがひび割れを起こしていた場合、業者に依頼して修理してもらいましょう。 シーリング材はホームセンターなどで販売しているため、自分で工事することもできます。

塗装

塗膜は数年で劣化してしまうため、再塗装が必要です。
業者に塗装を依頼すると、外壁の洗浄やひび割れなどの下地処理も同時に行ってくれるので、業者に依頼することをおすすめします。

貼り替え

外壁がサイディングの場合、新しいものに貼り替えた方が良いです。
貼り替える際は業者に依頼しましょう。

まとめ

雨漏りの原因は様々なため、素人が修理するのは難しいでしょう。 そのため、業者に依頼して早めに対処してもらうことをおすすめします。

最新記事をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です