【その26】四日市市の業者が教える外壁塗装に必要な期間とは!?

「外壁塗装したいけど、どれくらい時間がかかるのかよくわからない」
「基本的なところから詳しく知りたいな。」
外壁塗装を考える際によく悩まれるのが必要な時間ではないでしょうか。
そこで今回は、これから外壁塗装を検討する方必見の工事に必要な期間について解説します。

□外壁塗装における工程と期間

*近隣への挨拶と塗装準備(1日間)

隣人に挨拶を行いましょう。
これを行うことでトラブルを未然に防ぐことができます。

*足場の設置(1日間)

足場を組む時の騒音が迷惑になることもあるので、前段階の挨拶回りは重要です。

*塗装前の洗浄(1〜3日間)

外壁や屋根を洗浄する際には高圧洗浄機を多くで使用します。
塗料の劣化が原因で起こるチョーキングを落とすようにして、新しい塗料を塗るための下準備を行います。

*下地処理(1日間〜)

下地処理は新しい塗料がしっかり定着させるためにも大切な作業です。
ひび割れなどの処理もここで行います。
これをおろそかにする業者は間違いなく悪徳業者と考えて良いでしょう。

*塗装前の養生(1日間)

養生とは、予定している場所以外に塗料が付くことを防ぐためにビニールシートで覆うことです。
この間は窓が開けられなくなり、数日間閉め切った状態になることを覚えておきましょう。
窓を開けることも可能ですが、塗料の嫌な臭いが部屋に充満してしまいますのでオススメできません。

*下塗り、中塗り、上塗り(3日間〜)

下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りが基本です。

*点検と手直し(1日間)

ここでは見落としの有無をチェックしましょう。

*片付け(1日間)

外壁塗装はこのような流れになっています。
以上からわかる通り、最低でも2週間程度は塗装期間と思っていた方が良いでしょう。

□外壁塗装の期間が延びる条件

まず、考えられるのは雨が降った時です。
雨が降ると塗料の密着率は悪くなるため工事は一旦中止されます。
また、お家の傷みがひどい場合は下地調整にたくさんの時間が必要なので、どうしても期間が延びてしまいます。

□まとめ

以上、外壁塗装に必要な期間についてご紹介しました。
難しそうに思われた方もいたかもしれないし、意外に簡単で驚かれた方もいるのではないでしょうか。
今回の記事を参考に、あなたの住まいに合った外壁塗装について検討してみてください。
また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

最新記事をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です