【その2】DIYで外壁塗装?自分で行う場合の手順や方法とは!

外壁塗装をお考えの方はいませんか。

「自分でdiyしたい!」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、外壁塗装のdiyの手順や方法、失敗例についてご紹介します。

外壁塗装のdiyの手順や方法

足場

外壁塗装は二階などの高い場所も塗装しないといけないため、足場を設置する必要があります。 足場の設置には資格が必要なので、業者に依頼しましょう。

洗浄

塗装を行う前には外壁の洗浄を行わないといけません。
外壁に汚れが残ったまま塗装を行ってしまうと、塗料の密着性が弱くなり、すぐに剥がれたり劣化したりします。
高圧洗浄機をお持ちの場合は高圧洗浄を行い、お持ちでない方はブラシなどで入念に洗浄しましょう。
外壁の洗浄は塗装を成功させる重要なポイントなのできちんと行いましょう。

下地処理

ここでは、ひび割れなどの補修を行います。
この作業を行わないと劣化の原因につながります。

養生

洗浄後は1日程度乾燥させます。
その後、塗料による汚れを防ぐために養生という作業を行います。
養生は手抜きになりがちですが、きちんと行わないと近隣住宅や地面、壁を汚してしまうことがあります。
また、汚れを気にして作業効率が落ちることもあります。 養生作業をきちんとしておくことで後片付けも簡単になるので、手抜きせずに行いましょう。

塗装

塗装は一般的に下塗り、中塗り、上塗りと三段階に分けて行われます。
ムラがないようにきちんと塗装を行い、塗装後はそれぞれ1~2日程度乾燥させないといけません。

仕上げ

塗料を乾燥させた後、養生を外して気になる箇所があれば補修します。
最後に足場を解体したら一連の作業は終わりです。

失敗例

落下

慣れない足場での作業は非常に危険です。
落下する方も多く、最悪の場合は死に至ります。
そのため、細心の注意を払いながら作業しましょう。

不具合

自分が思い描いていた色でなかったり、ムラが激しかったりすることがあります。 自分では上手く塗装できたつもりでも、2~3年程度で塗装が剥がれるなどの不具合が出ることが多々あります。

時間や費用

業者に依頼すると、最短期間で塗装を行ってくれますが、素人が行うと2,3ヶ月かかることがあります。
時間がかかりすぎたために、結局業者に依頼することになったというケースも多々あります。

有限会社アイケンにお任せ

外壁塗装には注意点や失敗例があります。
そのため、業者に依頼することをおすすめします。
業者に依頼すれば、不具合やミス、トラブルが起こることはまずないでしょう。
当社では外壁塗装工事のご依頼をお受けしており、アフターメンテナンスなどのサービスも行っています。
ご相談やお見積もり、建物診断も無料で行なっております。

まとめ

趣味でDIYを行なっている方でも、外壁塗装となると難しいでしょう。
壁塗装については業者に依頼することをおすすめします。

最新記事をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です