【その3】外壁塗装での注意点とは?業者の選び方について紹介します!

外壁塗装をお考えの方はいませんか。
「業者選びで困ってる」とお思いの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、業者の選び方や注意点についてご紹介します。

外壁塗装の悪徳業者について

外壁塗装業界には悪徳業者がいるのが事実です。
その理由は、素人では手抜き工事かどうか判断できないからです。
工事が完了した数年後に劣化が激しく進行し、実は手抜き工事が行われていた、というケースは多々あります。
また外壁塗装には相場が存在しないのも悪徳業者にとってが都合が良いです。
費用が安いからといって業者を選んでしまうと、悪徳業者に依頼してしまう可能性はかなり高くなります。
また、訪問してくる業者も注意が必要です。
急な訪問をして、外壁工事を促しすという手法をとります。
最近では大型の台風や地震も起こったため、不安に思う方も多いとは思いますが、その場で契約を結ぶことはせずに追い返すようにしましょう。

業者選びのコツ

アフターフォロー

施工後のアフターフォローをしっかり行なってくれるかは、良い業者であるかどうか見分けるポイントです。
施工後、業者にミスがあった場合に無料で補修してくれるか、保証が用意されているか、などの点を確認しておきましょう。
また、保証が用意されていてもその期間が短い場合は注意が必要です。
なぜなら、外壁塗装では数年後に不具合が起きることが多いからです。
一般的には5~10年程度の保証が用意されています。
保証内容をきちんと確認し、保証書は保管しておきましょう。

資格

外壁塗装業には免許や許可は必要ありませんが、塗装技術士や建設業許可証の資格や許可がある業者は信頼できます。
なぜなら、これらは国や行政からの許可が必要であり長年の実績と経験がないと取得できないからです。 ただ、この資格や許可証には有効期限があるので、期限切れになっていないか確認しましょう。

見積もり内容

複数の業者で相見積もりを行って、見積もり内容を詳細に書いてくれている業者を選びましょう。 例えば、塗料の見積もりにしても、どのメーカーで商品名は何かなど詳細に書いてくれているかどうか確認しましょう。

注意点

足場

足場の設置費がかからない、と説明する業者には要注意です。
外壁塗装には足場の設置は欠かせないため、別の費用に上乗せしている可能性があります。

耐久年数

外壁塗装の耐久年数は主に10~15年であり、優れている塗料でもせいぜい20~25年です。
そのため、40年は持つ、などのように耐久年数が長すぎる場合は注意しましょう。

まとめ

今回の内容を参考に、信用できる業者を選んでくださいね。
当社では屋根塗装工事や外壁塗装工事などのご依頼を承っております。
なにかお困りのことがありましたら、ぜひご相談ください。

最新記事をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です