【その95】四日市の方へ!外壁塗装のムラを発見した場合の対策とは?

「四日市で外壁塗装を検討している」
「外壁塗装のムラを判断する基準と対策を知りたい」
そのようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、四日市の方に向けて、外壁塗装のムラについてご紹介します。

□外壁塗装のムラの原因

*下塗りによるムラ

外壁の下塗りが不十分である場合に、塗料が下地に吸収されてムラが発生します。
下地の状態によっては、1度の下塗りでは不十分な場合があるので、下塗りする前に下地の状態をきちんと確認しましょう。

*塗装業者の技術不足によるムラ

ローラーなどで塗る際に均一に塗れなければ、ムラの原因になります。
しっかりと縦・横に塗装しないと塗料の濃い部分と薄い部分に分かれてしまうので注意しましょう。

*塗料の乾燥不足によるムラ

塗料が完全に乾燥したかを見極めるのは難しいです。
また、塗料の種類・気温・風通しなどの条件によって乾燥するまでの時間は大きく変わります。

□ムラを見抜く方法

ムラを見抜く方法は、
・光の加減で確かめる
・近くに寄って見る
・遠くから眺める
などがあります。
光の加減で見抜く場合は、光を反射させて塗装面を見ることで分かります。
しかし、光を反射させて分かる程度のムラはどの業者でも発生させる可能性があり、美観を損ねる物ではないため、問題はないと判断しましょう。
訪問販売などで契約してしまった場合、悪徳業者の可能性が高いです。
そのため、ムラなどが発生するかもしれません。
クーリングオフ制度も行えるので、悪徳業者ではないかきちんと判断しましょう。

□外壁塗装でムラを発見した時の対策

ムラを発見したら、業者に問い合わせます。
しかし、塗り直しなどはコストがかかるため、認めてくれない場合もあります。
特に、足場を撤去した後に発見すると、足場の組み直しが必要なので、足場代を請求される場合もあります。
足場がある間に発見すると、交渉次第では塗り直しに応じてくれます。
ムラを発見してトラブルのなることを防ぐために、業者を選ぶ際に技術力が十分な業者を選びましょう。

□まとめ

今回は、四日市の方に向けて、外壁塗装のムラについて、ご紹介しました。
ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
当社は、外壁塗装・屋根塗装・防水工事を行っています。
戸建て住宅・アパート・マンション・商業施設まで対応しております。
多くのお客様に選ばれて20年です。
2030件以上の施工実績があります。
これからも、当社に任せて良かったと喜んでいただけるように社員一同日々、努力して参ります。
興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。

最新記事をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です