【その86】四日市在住の方必見!外壁塗装の際に車はどう管理すべき?

「外壁塗装の際、車に塗料が飛散しないのか心配だ。」
「外壁塗装の際にどのように車を管理したら良いのか詳しく知りたい。」
「もし塗料が車に飛散してしまったらどのように対処したら良いのかな。」
外壁塗装の際、車に塗料が飛散しないか心配になる方も多いのではないでしょうか。
また、飛散してしまった場合の対処法について詳しく知っている方も少ないと思います。
そこで今回は、外壁塗装の際に気をつけるべき自家用車や近隣の方の車の管理方法、塗料がついてしまった時の対処法について四日市の方に向けて詳しく解説します。

□自家用車や近隣の方の車の管理方法

ほとんどの業者は、外壁塗装のプロなので車に塗料が飛散しないように最大限の注意を払って施工してくれます。
しかし、風やミスなどによって塗料が飛散してしまうこともあります。
それを避けるためには、塗料が飛散しない場所に移しておくか、カーカバーをかけて対処しましょう。
近隣の方には、施工前に外壁塗装を行うことを伝えておき、協力してもらうことが大切です。

□もし塗料が飛散してしまったら

いくら注意していても、時には車に付着してしまう場合もあります。
そのような場合は、しっかりと業者に相談することが大切です。
業者による不手際で塗料が車に付着してしまった場合、保険が適用できることがほとんどです。
普通に修復すると、20万円から30万円程度かかることもあります。
そのため、業者への報告は必ず行うことをおすすめします。

□優良な業者に依頼する

塗料が車に飛散することがないようにきちんと配慮してくれて、仮に塗料が飛散してしまった場合でも対処に応じてくれる業者がほとんどです。
しかし残念なことに、中には雑な施工をする悪徳業者も存在します。
契約前に詳細をきちんと確認することで、優良な業者に依頼することをおすすめします。

□まとめ

今回は、外壁塗装の際に気をつけるべき自家用車や近隣の方の車の管理方法、塗料がついてしまった時の対処法について詳しく解説しました。
外壁塗装を行う際には、車を塗料が飛散しない場所に移動させたり、カーカバーを使用したりすることで対処しましょう。
近隣の方には事前に伝えておくことで、協力してもらうことが必要です。
最大限の注意を払っていても塗料が飛散してしまう場合もあります。
そのような場合は、業者にしっかりとその旨を伝えて適切な対処をしましょう。
また当社は、お客様に満足していただけるよう、丁寧な接客を心掛けています。
何かわからないことがあればお気軽にご相談ください。

最新記事をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です