【その85】四日市で外壁塗装を検討している方必見!汚れが目立たない色とは?

「外壁塗装を検討しているけど、何色が汚れにくいのかな。」
「汚れにくい外壁にするなら、何色が良いのかな。」
外壁塗装を検討する際に、汚れが目立たない色にしたいとお考えの方は多いのではないでしょうか。
汚れやすい外壁はメンテナンスする必要があるので大変ですよね。
そこで今回は四日市の方に向けて、外壁塗装において汚れが目立たない色について詳しく解説します。

□外壁塗装の汚れの原因

外壁の汚れは、主に3つあると考えられています。
3つの汚れと原因を解説します。

*水垢汚れ

外壁の汚れで特に目立ちやすいのが水垢汚れです。
水垢汚れは、ホコリや排気ガスを含んだ雨水が同じ箇所を繰り返し流れることによって生じます。
黒ずんでくるので、汚れてしまうと落とすのも大変です。

*カビやコケ

カビやコケは、水はけが悪い箇所で生じます。
防水能力が低下した時に起こりやすくなります。

□汚れが目立たない色

外壁は必ず汚れてしまうので、汚れが目立ちにくい色を選ぶのがおすすめです。
比較的汚れが目立ちにくい色を解説します。

*グレー

グレーは汚れが目立ちにくいので、非常に人気な色です。
黒ずんでも、真っ黒にならず薄い汚れがついたような感じになります。
グレーで塗装する時のポイントは、黒っぽくなく白っぽくないちょうど中間くらいのグレーを選ぶことです。

□汚れが目立つ色

汚れが目立ちにくい色がグレーであることは知っていただけたと思います。
反対に汚れやすい色は何色かご存知でしょうか。
汚れやすい色は原色に近い色が汚れやすいと言われています。

*黒

黒色の外壁は汚れが目立ちやすいと聞いて意外に思う方もいらっしゃるかもしれません。
黒色の外壁は、汚れが白っぽく浮いて目立ってしまいます。
黒は高級感がありますが、汚れにくい外壁にしたい場合はあまりおすすめできない色です。

*白

白はイメージ通り汚れやすい色です。
外壁を白色にしてしまうと、汚れが目立ってメンテナンス回数も増えてしまいます。
特別なこだわりがある時以外はやめておくのが無難です。

□まとめ

今回は、外壁塗装で汚れが目立たない色について詳しく解説しました。
どのような外壁にしても必ず汚れてしまいます。
しかし、グレーなどの汚れが目立ちにくい色にしておけばメンテナンスの周期も伸ばせるので非常におすすめです。
外壁塗装を検討していて、汚れが目立たない色をお考えの方は、今回の記事を参考にしてみてください。
また当社は、お客様に満足していただけるよう、丁寧な接客を心がけています。
何かわからないことがあればお気軽にご相談ください。

最新記事をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です