【その82】四日市で外壁塗装を検討している方へ!ムラの判断法と対策について解説!

「外壁塗装の後にムラが見つかった場合はどうしたら良いのかな。」
「外壁塗装のムラを判断する基準と対策について詳しく知りたい。」
外壁塗装をした後、心配になるのがムラなのではないでしょうか。
どのような状態のことをムラと判断するのかの基準と対策について詳しく知っている方は少ないと思います。
そこで今回は、外壁塗装の後に見られるムラを判断する方法と対策を四日市の方に向けて詳しく解説します。

□ムラの原因

外壁塗装の後、なぜムラができてしまうのか解説します。

*吸い込みを考慮できていなかった

外壁塗装でよく起こるのが吸い込みムラです。
外壁材によって塗料の吸収具合が異なるので、それを考慮できずに塗装してしまうとムラができてしまいます。

*塗装手順のミス

外壁塗装では、下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りが基本です。
このとき、それぞれの工程で塗料を選び間違えてしまうとムラができてしまいます。

□ムラを放置してはいけない理由

ムラを放置してはいけない理由は、見た目が悪くなるという理由だけではありません。
外壁塗装は、外壁材を紫外線や雨から守ってくれる性質があります。
ムラがあると、耐久性が落ちてしまうので放置してはいけないのです。

□ムラを判断する方法

外壁塗装後のムラを判断する方法を知っておくことは重要です。
そこで、ムラであると判断する方法を解説します。

*光の加減で判断する

外壁に光を当てて、ムラを判断してみましょう。
外壁に光をあてると、反射具合からムラがわかりやすくなります。

*近くからと遠くからの両方から見て判断する

意外に思うかもしれませんが、近くから見たときと遠くから見たときで判断のしやすさが変わるときがあります。
近くから見たときは気づかなかったのに、遠くから見たときはムラがはっきりとわかる場合もあるので、どちらからも見て判断しましょう。

□ムラの対策

ムラができてしまったらどうするべきかわからない方は多いと思います。
もし、ムラができているのを発見したら、塗装工事を依頼した業者に確認をとってみましょう。
ほとんどの場合、塗り直しなどの対応を行ってくれます。
しかし、悪徳業者などは再対応に応じてくれない場合があるかもしれません。
そのような場合は、消費者センターに相談することをおすすめします。

□まとめ

今回は、外壁塗装の後、ムラを判断する方法と対策を詳しく解説しました。
当社は、お客様に満足していただけるよう、丁寧な接客を心がけています。
何かわからないことがあればお気軽にご相談ください。

最新記事をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です