【その79】名古屋市で外壁塗装をお考えの方へ|健康被害について詳しく解説

「外壁塗装の健康被害が心配」
「塗料は安全なの?」
外壁塗装をお考えの方で、塗料による健康被害が心配という方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は塗料によって健康被害を受けやすい人の特徴と、その回避法についてご紹介します。

塗料は日々進化しているため毒性の強い塗料は少なくなっています。
それでも健康被害は発生しうるため、しっかりと読んでみてください。

□塗料について

塗料は様々な化学物質を含んでおり、それが臭いの原因となります。
代表的なものでは、ホルムアルデヒドやシンナーがあります。
ホルムアルデヒドはシックハウス症候群を発症する可能性があります。
シンナーは毒性が小さいですが、臭いがきつく、めまいや頭痛といった健康被害を発生させる可能性があります。
業者は塗料による健康被害対策を最大限行っていますが、完璧ではないため注意が必要です。

□健康被害を受けやすい人の特徴

まず小さな子供と妊婦は健康被害を受けやすいです。
小さな子供は耐性が弱いため、大人よりも被害を受けやすいです。
妊婦にとっては有機溶剤の臭いが危険となります。
胎児にまで影響が届いてしまうかもしれないため注意が必要です。
またペットも健康被害を受けやすいです。
嗅覚が優れているためです。

大人ならそこまで心配はいらないかもしれませんが、小さな子供、妊婦、ペットのいるご家庭では最大限の対策をすることが重要です。

□回避法

代表的な3つの回避法をご紹介します。

*水性塗料を使用する

先述した通り塗料には有害物質が含まれています。
この有害物質が健康被害を起こす原因となるため、その含有量の少ない塗料を選ぶことで健康被害を回避できます。
そこで重要なのが水性塗料です。
塗料には水性塗料と油性塗料の2種類があり、油性塗料の方が危険物質を多く含んでいます。
そのため水性塗料を選ぶことで健康被害を回避できます。

*マスクをつける

塗料の危険物質は鼻、口で吸引するため、マスクをつけることが効果的です。
簡易マスクというよりは、有機溶剤用のマスクを購入するようにしましょう。

*外出する

そもそも工事中に家にいなければ健康被害を受ける可能性は低くなります。
塗装作業自体は数日で終わるため、外出することはそこまでハードルは高くありません。
小さな子供、妊婦、ペットがいるご家庭では外出しても良いですね。

□まとめ

以上、塗料によって健康被害を受けやすい人の特徴と、その回避法についてご紹介しました。
個人差はありますが、最大限の対策をするべきです。
外壁塗装をお考えの方は、今回の内容を参考にしてみてください。

最新記事をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です