【その78】名古屋市で外壁塗装をご検討の方へ|ペットへの影響を詳しく解説

「外壁塗装を考えているけど、ペットがいるから心配」
「ペットへの被害はどうなの?」
外壁塗装を考えている方で、ペットに与える影響が不安な方は多いのではないでしょうか。
そこで今回はペットに与える影響とその回避法についてご紹介します。
ペットは私たちと違って話すことができないため、私たちがペットのことをよく考えるべきです。
今回の内容は何を注意すべきか書いてありますので、しっかりと読んでみてください。

□ペットに与える影響

代表的な3つの影響をご紹介します。

*塗料の成分

塗料には多くの危険物質が含まれています。
動物は人間よりも嗅覚が優れているため、被害を受けやすいです。
最近の塗料は危険物質の含有量が少なくなってきましたが、まだまだ健康被害の可能性はあります。

*騒音、人の出入りによるストレス

外壁塗装は騒音が発生します。
ほとんどの動物にとって騒音はストレスとなります。

また人の出入りによるストレスもあります。
この影響はペットの性格にもよりますが、ペットにとっては自分の縄張りに勝手に侵入されるためストレスに繋がります。
人見知りのペットは要注意です。

*エアコンが使えない場合がある

作業中は養生シートでエアコンの室外機をカバーしなければならない場合があり、エアコンが使えなくなります。
そうなるとエアコンで温度管理をしなければならないペットにとっては危険になります。

□回避法

今回は3つの回避法をご紹介します。

*他の場所へ移動させる

費用が掛かり、少し大変かもしれませんが、一番効果のある回避法です。
実家や親戚の家、ペットホテルなどに預けることを考えましょう。
できなければ、最大限の対策をしましょう。

*水性塗料を使用する

外壁塗装の塗料には水性塗料と油性塗料の2種類があります。
油性塗料は水性塗料よりも多く危険物質を含んでいます。
そのため水性塗料を選ぶことで影響を少なくできます。

*真夏、真冬を避ける

真夏、真冬にエアコンが使えない場合はペットに多大な影響を与えます。
他の時期であればエアコンが使えなくても影響が少ないです。
自分のペットの特徴を考えて、実施する時期を選んでみてください。
時間に余裕のある方は真夏、真冬を避けるべきですね。

□まとめ

以上、ペットに与える影響とその回避法についてご紹介しました。
ペットの種類や性格によって影響も、回避法も違うため、自分のペットについてよく考えることが大切です。
ペットを飼っている方は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

最新記事をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です