【その75】名古屋市で外壁塗装を考えている方へ|断熱性について解説

「外壁塗装で断熱性を上げたい」
「塗料で断熱性って上がるの?」
外壁塗装を考えている方は、塗装で断熱性を上げることに興味があるかと思います。
そこで今回は断熱性が上がる塗装についてご紹介します。
塗料で断熱性を上げれるのか疑問に思う方もいるかと思います。
しかし技術の進歩により実際に可能です。

□断熱性を上げる塗料の種類

主に3つの種類があります。

*遮熱塗料

太陽光を効率よく反射することで室内への熱の影響を小さくする塗料です。
光を反射するため夏でも涼しくなり、ヒートアイランド現象を防ぐ効果があります。
欠点は冬場にも太陽光を遮ってしまうため、冬に温かくできないということです。
夏に消費電力量が多い地域でおすすめです。

*断熱塗料

太陽光からの熱を塗膜にため込むことで室内への熱の影響を小さくする塗料です。
遮熱塗料と違い、熱をため込むため、夏に涼しく、冬に温かい環境を作り出します。
欠点は遮熱塗料ほど熱を遮らないため、ヒートアイランド現象を防ぐことはできないということです。
夏場、冬場ともに断熱をしたい方におすすめです。
外装だけでなく、内装にも使用することでさらに断熱性を上げることができます。
ガイナという塗料が有名です。

*熱交換塗料

断熱性は遮熱塗料、断熱塗料より低いですが、固有の長所があります。
遮熱塗料、断熱塗料は明るい色でないと断熱効果が低くなります。
また明るい色は太陽光を反射しやすく、トラブルになる可能性があります。
しかしこの塗料は濃色の使用や艶消しをすることでそれらの欠点を防ぎます。
あまり使用している業者はありませんが、断熱性と見た目の両方にこだわりたい方におすすめです。

□おすすめ

断熱性だけで見ると断熱塗料のガイナが一番おすすめです。
ガイナとはもともとJAXAが開発したもので、断熱塗料の中でもトップレベルの性能です。
夏場も冬場も効率よく冷暖房の使用を減らすことができるため、他の塗料よりも省エネ効果があります。

*欠点

性能面でガイナは抜群ですが、あまり普及していません。
その理由は、高額であり、色に制限があり、施行が難しいからです。
予算に余裕があり、断熱性にこだわりたい方はガイナを視野に入れてみてください。
業者選びが重要となるため、信頼できる業者を探しましょう。

□まとめ

以上、断熱性の上がる塗装についてご紹介しました。
塗装で家の断熱性を上げて、夏に涼しく、冬に温かい家にできたらいいですね。
断熱性を上げたいという方は今回紹介したことを視野に入れてみてください。

最新記事をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です