【その73】外壁塗装を名古屋市でお考えの方へ|工程について詳しく解説

「外壁塗装の工事はどのように進むの?」
「工程について知りたい」
外壁塗装を検討している方は、工事の流れについて詳しく知りたいのではないでしょうか。
騒音や人の出入りがあるため、工程について知ることは重要ですよね。
そこで今回は外壁塗装の工程についてご紹介します。
外壁塗装といえば塗料を塗るだけと思う人が多いです。
しかし、多くの工程があり、それぞれが重要となります。
費用は安くないため、工程についてしっかりと知って工事に臨みましょう。

□工程

期間は大体1,2週間かかり、その中にいくつもの工程があります。
挨拶回り・足場組立・洗浄・下地処理・養生・塗装(3回)・仕上げ・足場の撤去に分かれます。
一般的にわかりにくい、下地処理、養生、塗装について詳しく紹介します。

*下地処理

基礎的な作業で、非常に重要です。
この工程で手抜きをすると長持ちしません。
具体的にはひび割れやモルタルの補修を行います。
普通は1日で終わりますが、状態が悪いとそれ以上かかります。

*養生

塗料による汚れを防ぐために、ビニールシートなどで保護することです。
例えば玄関ドアや室外機、車などにします。
汚したくないものは業者に頼んで養生してもらいましょう。
室外機を養生した場合はエアコンが使えないため注意が必要です。

*塗装

塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3つに分かれます。
そのため最低でも3日以上はかかります。
塗装の時に手抜きをすることがよくあります。
例えば1日で中塗りと上塗りを終えるといった手抜きがあります。
乾いていないまま、壁に塗料を塗ることになるため、性能が劣ります。
3回以上の塗装を3日以上かけて行っていない場合は手抜き工事かもしれません。
塗料によっては3回以上塗るため業者に確認しましょう。

□注意点

悪徳業者に騙される可能性があります。
1つの工程を1日かけるならば全工程で10日以上はかかります。
しかし手抜き工事を行っている業者はもっと早く終わるかもしれません。
少し早いな、と感じた場合は悪徳業者かどうか疑ってみてください。
それだけでなく、自分で塗装の状態を確認してみてもいいです。

□まとめ

以上、外壁塗装の工程についてご紹介しました。
思ったより工程が細かかったのではないでしょうか。
それゆえ悪徳業者に騙される可能性が高くなります。
そうならないためにも、自分で工事の進捗を確認することが重要です。
今回の内容を参考に工事に臨んでみてください。
当社は塗装工事を請け負っています。
すべて自社施行で、確実な塗装を提供しています。
外壁塗装を検討している方は、お気軽にご連絡ください。

最新記事をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です