【その69】名古屋市在住の方へ|外壁塗装の補助金の条件と受け取り

「外壁塗装をするときにお金に余裕がない場合って、補助金は出るの?」
「外壁はもう塗り替えが必要そうだし補助金を使った外壁塗装を検討しているけど、補助金の受け取りの流れが具体的に分からない」
このようにお困りの方は、大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
初めての外壁塗装となると、分からないことばかりで不安に感じることも多いでしょう。
そこで今回は、そのような不安を一気に解消するために、知っておきたい「外壁塗装での補助金の条件とその補助金を受け取る流れ」について紹介します。

□外壁塗装で支給される補助金って?

一般的に、外壁塗装は、100万円以上の費用がかかると言われています。
しかし、一度外壁塗装を行ったからと言って、一生もつわけではありません。
平均して10年に1度は、塗料の塗り替えが必要と言われています。
その度に、これほど大きな費用がかかると考えると、心配になりますよね。
そこで、役立つのが「補助金」です。
補助金を獲得できた場合には、外壁塗装の費用をグッと抑えられます。
そのため、まずは補助金獲得のために知っておきたい知識を解説します。

*補助金が出る条件

まず、外壁塗装の補助金とは、省エネ住宅を増やすために、改修を推奨され支給されるお金を指します。
これは、お住まいの地域の自治体によって交付されています。
しかし、この補助金は、対象となるのが「断熱・遮熱塗料と使って屋根や外壁を塗装する場合のみ」と条件が限られていることが多いので、注意が必要です。
つまり、申請を出しても条件に当てはまっていなければ、補助金を受けられないこともあります。
しかし、地域によって、補助金額や対象条件が大きく異なります。
そのため、まずはお住まいの自治体でどのような補助金制度が取り扱われているのか調べることをオススメします。

*補助金を受け取る具体的な流れ

まずは、お住まいの地域で統括している自治体へ、補助金の申請を出しましょう。
そこで、条件に当てはまり無事受給が決まった際には、支給許可通知が届きます。
通知書が届いた後は、業者と相談してからさっそく塗装工事に移りましょう。
工事が無事終わった後は、自治体が現場確認をできるように、工事前・工事後の写真と報告書を提出することを忘れないようにしましょう。
そして、申請した条件通りに上手く工事ができていると判断された場合、ようやく補助金が受け渡されます。
請求書が受理された後、2~3週間で指定した銀行口座へ振り込まれます。
これが補助金を受け取るまでの一連の流れです。

□まとめ

以上、「外壁塗装での補助金の条件とその補助金を受け取る流れ」について紹介しました。
何か分からないことや疑問に思われることがあれば、名古屋市やその近隣にお住いの方は、ぜひお気軽に当社にご相談ください。
みなさまの当社のご利用、心よりお待ちしております。

最新記事をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です