【その68】名古屋市の方へ|外壁塗装のDIYではしごを利用してはいけない理由

「外壁塗装をDIYで行う予定だけど、何か注意点はあるの?」
「外壁塗装でははしごを使ってはいけないって聞いたけど、その理由と使ったときのデメリットを詳しく知りたい」
このようにお考えの方は、大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
初めての外壁塗装をDIYで行うとなると、分からないことばかりで不安ですよね。
そこで今回は、外壁塗装のDIYではしごを利用してはいけない理由とそのデメリットについて紹介します。

□外壁塗装をDIYで行うときにはしごは絶対に使ってはいけない理由

*転落する可能性が高い

外壁塗装は家の外壁全体を塗装するわけですから、左右にも上下にも動きながら塗料を塗ります。
しかし、はしごは上下の動きはしっかりと対応できますが、左右の横の動きとなるといちいち移動させるか、無理な体勢のまま体を乗り出して塗ることになります。

DIYで外壁塗装を行った際に、実際にはしごから転落してケガや死亡事故にまでなってしまった件数が非常に多いと言われています。
そのため、そう方法は「建築基準法」で新たに定められ、禁止されるようになりました。

また、死亡事故にならなくても、ケガをしてしまうだけで足場代よりも高額な治療費がかかってしまうこともあります。
体力に自信がある方でも絶対にやめておきましょう。

*仕上がりにムラができやすい

外壁塗装では、塗装自体が予想以上に難しいものだと理解しておきましょう。
実際、一定の力で全体に塗料をムラなく塗るのは、プロの業者にとっても簡単なことではありません。
加えて、はしごで塗料塗りを行っていると、どうしても手が届かない箇所が発生し、隅から隅まで綺麗に塗料を塗れなくなります。
そもそも外壁塗装は、初めての方が行うには難しい作業なのです。
多少の塗装ムラだったら許容範囲内と最初は考えていても、年数が経つにつれて壁が老朽化してくると、塗装ムラがどんどん目立ってきます。
そうなってしまうと、最終的には見た目の悪い外壁になってしまいます。

以上のように、はしごを使ってDIYで外壁塗装を行うと上記のデメリットが発生するため、この施工方法はオススメできません。

□まとめ

以上、「外壁塗装のDIYではしごを利用してはいけない理由とそのデメリット」についてご紹介しました。
何か分からないことや疑問に思われることがあれば、名古屋市やその近隣にお住いの方は、ぜひお気軽に当社にご相談ください。
みなさまの当社のご利用、心よりお待ちしております。

最新記事をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です