【その62】チョーキングとは一体何?四日市市で外壁塗装をしたい方へ

「チョーキング現象って何?」
「なぜチョーキングが起こるのだろう」
「チョーキングの確認方法を知りたい?」
このように考えている四日市市にお住まいの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
普段生活していて、その現象について詳しく知る機会はなかなかないですよね。
そこで、今回は、チョーキング現象とは何か、その原因や確認方法を詳しく紹介します。

□チョーキング現象とは何か

チョーキング現象とは、外壁の塗膜が劣化すると起きる現象の1つです。
具体的に言うと、塗料に含まれる素材が粉となって塗装表面に出てくる現象で、別名として白亜化現象とも呼ばれています。
その現象が起こっていると、外壁は防水機能を失った状態となります。
そのため、外壁が雨水を吸収するようになり、雨漏りやカビ・コケの発生に繋がります。
したがって、チョーキングが見られた場合は、早急に塗装業者に連絡することをおすすめします。
ただし、このときチョーキング現象で焦らせて、契約を急かす悪徳業者もいるので、そのような業者とは契約を結ばないようにしましょう。

□原因

雨水・風・赤外線・熱といった外的要因により、塗装表面の表層樹脂が劣化することが原因です。
何年もの間、雨や風の影響を受けていく中で、少しずつ外壁にダメージが蓄積し、塗料の粉が吹き出し始めてしまうという訳です。

□確認方法

確認する方法は2つあります。
1つは、確実な方法で、外壁に手を触れて、手に外壁の色の粉が付いたら、チョーキング現象であると確認できます。
例えば、白い外壁であれば白の粉が手に付きます。
もう1つは、雨水の弾き具合で確認する方法です。
チョーキング現象の発生は、外壁の防水性能の低下に繋がるため、外壁が雨水を吸収します。
したがって、外壁が雨水をあまり弾いていなければ、それを疑えます。

□まとめ

チョーキング現象とは何か、その原因や確認方法を紹介しました。
まとめると、チョーキング現象とは塗料に含まれる素材が粉となって塗装表面に出てくる現象であり、手で触れて粉が付くかどうか確認することでその現象の発生を確認できるようですね。
もし、この記事が、チョーキング現象とは何か、その原因や確認方法について知りたいと思っていた方の参考になったなら幸いです。
また、当社、有限会社アイケンは外壁塗装や防水工事のご依頼を承っております。
もし四日市市にお住まいでこれらの工事を検討している方がいれば、是非一度当社にお問い合わせください。

最新記事をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です