【その59】外壁塗装の色によって汚れが目立たないって本当?四日市市の方必見!

「外壁塗装を考えているが、外壁の色に悩んでいる」
「壁の色は何がいいのかな」
四日市市にお住まいでこのようなことを考えている方は多いと思います。
実は、外壁の色によって、汚れが目立たなかったり、逆に、より汚れが際立ってしまったりすることがあります。
今回は、その汚れが目立たない色についてお伝えします。

□汚れが目立たない色

基本的に、灰色を混ぜた柔らかみのある中間色を使用すれば、汚れが人に注目されにくいです。
これは、汚れの色と中間色が似た色だからです。
そもそも、外壁の汚れというものは、砂・土埃が原因の黄土色と汚れや藻・カビが原因の緑色が混じった薄茶色の汚れです。
そのため、それらの色の汚れが中間色の外壁に同化することで、人に注目されにくくなります
このように、中間色を選べば、汚れを人に気付かれにくいです。
それでは、以下で具体的に汚れが目立たない色について紹介していきます。

*グレー

最も汚れが注目されにくい色です。
そして、多くの人に外壁の色として選ばれる色です。

*ベージュ

2番目に汚れが注目されにくい色です。
2番目となる理由としては、ベージュの壁とグレーの壁の両方に同程度の汚れが付着した際に、より汚れが際立つのは前者だからです。

*ブラウン

3番目に汚れが注目されにくい色です。
なぜ3番目になるかというと、汚れの色によっては逆に人の目を引いてしまうことがあるからです。
実際に、薄い汚れが付いていると、その白っぽい汚れが人の目を引きます。

□汚れが目立つ色

ここまでは、汚れが注目されにくい色をお伝えしました。
では、逆に汚れが際立ってしまう色についてお伝えします。

*ホワイト

汚れの目立ちやすさという観点から見ると、ホワイトを使用するのは好ましくないです。
背景色と対象物体の明暗の差をコントトラストの差と言いますが、この汚れの色とホワイトの外壁とのコントラストの差が大きいために、汚れが人の目を引いてしまいます。

*ブラック

ブラックは汚れが際立つ外壁の色です。
これも、色のコントラスト差が大きいことが原因で、汚れが注目されます。

□まとめ

今回は、汚れが目立たない色について紹介しました。
この記事が、汚れが目立たない色・際立つ色について知りたい方の参考になったら幸いです。
また、当社、有限会社アイケンは外壁塗装や防水工事のご依頼を承っております。
もし四日市市にお住まいでこれらの工事を検討している方がいれば、一度当社へお気軽にご相談ください。

最新記事をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です