【その31】外壁塗装の際のローンの組み方を紹介します!

外壁塗装をする予定の方で
「ローンの組み方がよく分からない」
「なんだか難しそうだ」
「基本的なところから詳しく知りたいな」
とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、四日市市で外壁塗装をお考えの方に向けて、ローンの組み方についてご説明します。

□住宅に関連したローンについて

外壁塗装をリフォームする際にも住宅ローンを組むことができます。
外壁塗装といっても、家の大きさによって費用は異なります。
フッ素素材のような高性能な塗装の場合、費用も高価格になるのでまとまったお金が必要になりますよね。
「新築を建てたときにすでに住宅ローンを組んでいる」
このような方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな場合は、まず住宅ローンを組んだときと同じところで相談してみましょう。
低金利住宅ローンに変更できるかもしれません。
外壁塗装のローンを組む際に、「住宅ローン」や「リフォームローン」があり、基本的に同一のものです。
ローンを組む際には、担保があるものとないものがあります。
借りる際は、どれぐらい借りるのかローンの内容を伝えましょう。
以下では、無担保と有担保の説明をします。
参考にしてみてください。

・担保なし型ローン:担保があるローンと比べて金利が高くなる傾向があります。
その分、手続きが少なくて済む利点が考えられます。

・担保あり方ローン:低金利で借りるのであれば銀行に相談しましょう。
手続きや審査があること、担保を設定する必要条件がある分、低金利で借りることができます。

以下は金利の目安です。

・担保なし型ローン:3%から15%まで
・担保あり方ローン:0.6%から

□知っていますか?住宅ローン控除について

「将来の返済が分からない」と不安を感じている方に向けてローンを組んだ後の「控除」についてご説明します。

*住宅ローン控除

住宅ローン控除をすると、ローンを組んだ後10年間は申告するとお金が戻ってきます。
年末時点でのローン残高から所得税の1%が控除の対象です。
控除対象期間は10年間、控除パーセントは1%、控除は最大400万円です。
「長期優良住宅」は、500万円までです。

□まとめ

以上、ローンの組み方・ローンの考え方についてご紹介しました。
難しそうに思われたかもしれませんが、意外に簡単で驚かれたのではないでしょうか。
この記事を参考に自分のスタイルにあったローンをご検討されてはいかがでしょうか。
また当社には、これらの情報に詳しいスタッフが在籍しています。
疑問に思うことがありましたらぜひお問い合わせください。

最新記事をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です