【その21】外壁塗装と屋根塗装を同時進行にしたい|四日市市のリフォームはアイケン

「外壁塗装と屋根塗装を同時にやりたいけど、どんな風に工事が進むんだろう」
このようにお考えの方もいるのではないでしょうか。

外壁塗装や屋根塗装は頻繁にやるものではないため、コストもかかるので失敗したくない、と考えていると、なかなか手を出しにくいと思います。
より良い住まいづくりを実現させるために、外壁、屋根塗装の事についてしっかりと理解しておくことが大切ですよね。
今回は、当社、有限会社アイケンの外壁塗装と屋根塗装を同時に行う場合の工事についてわかりやすくご説明します。

□屋根と外壁を同時にリフォームすることのメリット

足場費用を抑えることができ、工事する期間を短縮できます。
さらに、屋根の状態は普段見ることができないので外壁塗装をするついでにチェックしてもらうこともおすすめです。
そのため、最近では屋根と外壁両方の塗装工事のお見積りをされる方もたくさんいらっしゃいます。

□工事過程

屋根塗装、外壁塗装を同時に行う場合の行程についてご紹介します。

初日は足場を組み、屋根、外壁を水洗いした後に屋根から本格的に工事が始まります。
まずは屋根を下塗り、中塗り、上塗りでしっかりと塗り固めます。
また、その際棟板金(屋根と屋根の面が合わさる山上の部分を接合する板金)や破風(住宅の耐風性や耐火性を高める役割を果たす屋根の構成部分)を同時にリフォームする場合もあります。
その後、外壁の塗装に入ります。
こちらも下塗り、中塗り、上塗りと3回行います。
そして足場を解体して完成という流れになっています。
工事日数は職人の人数やニーズによって変わりますが、早くて10日前後で終わります。

□屋根のメンテナンスは重要

外壁は見た目で劣化するのが分かるため、リフォームをする時期が分かりやすいですが、屋根は普段見えないところなので後回しにしがちです。
しかし、屋根は台風や暴風の影響を受けやすく、弱った状態で放置すると住宅が崩壊してしまう危険性もあります。
そのため、外壁塗装する際に屋根の塗装もご検討されることをおすすめします。

□まとめ

外壁塗装、屋根塗装を同時に行う場合の行程はお分かりいただけたでしょうか。
リフォームするにあたって、重要なのは信頼できるリフォーム会社を選ぶことです。
工事過程や費用について、詳細まで確認し、あいまいな点がないようにしてからリフォームに取り掛かることをおすすめします。

当社、有限会社アイケンは無料でお見積り、ご相談に乗ります。
リフォームのことで気になることがあれば、ぜひお気軽にご連絡ください。

最新記事をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です