【その10】名古屋市で外壁塗装を検討中の方へ!塗料の種類はどんなのがある?

外壁塗装を行う際、どんな色にするかということについてはよく考えられますが、どのような種類の塗料を使うかについて考える人はそこまで多くありません。
しかし、外壁塗装において、塗料の種類というのは、外壁塗装で後悔しないためにとても重要な概念なものになります。
今回は、特に名古屋市において外壁塗装を検討されている方に向けて、外壁塗装の塗料の種類について詳しくお伝えしていきたいと思います!

□塗料の種類

日本における外壁塗装において、よく使用される塗料のほとんどの成分は。合成樹脂となっています。
この合成樹脂にどのような成分が含まれるかによって見た目や耐久性能に違いが生じてきます。
主に使用される合成樹脂塗料の種類を4つご紹介します。

*ウレタン系塗料

耐用年数平均6~10年
平米単価およそ1,800~2,000円
ウレタン系の塗料は、防水性などの耐久性が優れており、かつ低価格ということで住宅だけでなく、さまざまな建物にも使用されています。

*アクリル系塗料

耐用年数平均4~7年
平米単価およそ1,000~1,200円
アクリル系塗料の最大の特徴は、その低価格さです。他の塗料と比べて軽量であり、手軽に使用することができます。
一方で、紫外線に弱く、耐用年数が他の塗料と比較して短くなってしまうというということがあります。

*シリコン系塗料

耐用年数平均4~7年
平米単価およそ2,500~3,500円
シリコンは、気温変化による劣化などの外的要因に対して強い耐久性を持っており、耐用年数も長いです。
さらに仕上がりに関しても、上質なものとして定評があり、現在使用される塗料の中でも人気のある塗料の一つです。

*フッ素系塗料

耐用年数平均15~20年
平米単価およそ3,500~4,500円
フッ素系の塗料は、光沢があり、美しい外壁塗装ができますが、汚れはついてしまいやすく、手入れなどは定期的に行う必要があります。
今回ご紹介する外壁塗料の種類の中では最も高価な部類に入り、一般的な住宅用の塗料として使用されることは少ないですが、外壁にこだわりを持って塗装をしたいという場合におすすめです。

□まとめ

外壁塗装の塗料の種類にはさまざまなものがあることがわかりました。
質感の好みや、予算の都合、外壁塗装をどのくらいの頻度で行えるかなど、ご自身の都合に合わせて外壁塗装の塗料なども選択してみてください。
名古屋市で外壁塗装をお考えの方は、名古屋市で営業しております有限会社アイケンをご検討いただけると幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

最新記事をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です